白水社のwebマガジン

MENU

中条志穂「イチ推しフランス映画」

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』


© 2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

+ 監督:ジル・ルルーシュ Gilles Lellouche
+ ベルトラン:マチュー・アマルリック Mathieu Amalric
+ ロラン:ギョーム・カネ Guillaume Canet
+ シモン:ジャン=ユーグ・アングラード Jean-Hugues Anglade

2019年7月12日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

配給:キノフィルムズ/木下グループ

[公式HP]http://sinkorswim.jp/

 フランスで400万人以上の観客を集めた大ヒット作。冴えない中年のおじさんたちが一念発起して、シンクロナイズド・スイミングの世界選手権に出場するドラマを、ユーモアたっぷり、また人情味豊かに描いた映画である。

 ベルトランは鬱病を患い、2年以上の引きこもり生活を経て、そろそろ再就職を考えていた。そんなある日、地元の公営プールで男子シンクロナイズド・スイミングのメンバー募集の広告を見る。興味をひかれたベルトランは入会するが、メンバーは皆、トラブルを抱えた者たちばかり。元シンクロ選手で活躍していたコーチのデルフィーヌも、心に傷を負っていた。ところが、仲間の一人が無謀にもシンクロの世界選手権に出ようと言い出す。人生を半ば諦めたおじさんたちの真剣勝負が始まった……! マチュー・アマルリックはじめ、ジャン=ユーグ・アングラード、ギョーム・カネ、フィリップ・カトリーヌなど名だたる名優がみっともなくも人間臭い、本音のぶつかりあいの芝居を見せてくれる。監督は俳優としても有名なジル・ルルーシュ。原題はLe Grand Bain(プールの最深部)。

【シネマひとりごと】

 20年ほど前の邦画『ウォーターボーイズ』は、男子高校生がシンクロナイズド・スイミングに取り組む奮闘ぶりを描いて異例の大ヒットとなった。種目は同じだが、本作は4、50代のおじさんたちがシンクロに挑む。海パンの上にたるみ腹がのっかった姿もなんのその。マイナス思考でいつも不満たらたらのすぐキレるおじさん、いい年こいてロックスターの夢を追い続けるおじさん、友達もおらず、恋愛経験もないぼっちおじさん……驚くのは彼らを演じる俳優の面々である。どんな役もこなすカメレオン俳優のマチュー・アマルリックが引きこもりに扮するのはさほどでもないが、『ベティブルー』や『インド夜想曲』で主演をつとめ、ジェラール・フィリップを彷彿させる正統派優男の代表ともいえる、あのジャン=ユーグ・アングラードが、落武者さながらのザンバラ長髪でロックスターを気取るイタイおじさんを演じている。老境を迎えた顔にステージメイクをする姿は、『ベニスに死す』のダーク・ボガードの、見苦しい化粧で美少年を追いかける滑稽と哀れを思い出させる。またフィリップ・カトリーヌのいじめられっ子キャラも見逃せない。もともとカトリーヌはフレンチポップス界の人気歌手で、日本のカヒミ・カリィのアルバムをプロデュースしたことでも知られている。当時から裸には自信があったのか(?)、大ヒットしたCD のジャケットは咥えタバコの全裸ポートレート。どちらかといえば時代の先端を行くオシャレスターとして認識されていた。しかし……本作のカトリーヌにその面影はなく、経年による激変ぶりには言葉を失う。

 過去のイメージをかなぐり捨てたアングラードとカトリーヌの衝撃の演技はセザール助演男優賞にノミネートされ、最終的にカトリーヌが受賞した。その受賞スピーチで、カトリーヌは本作で演じた役名を即興の歌に織り込み、観客を大いに沸かせながらも、アングラードへの気配りの言葉も忘れなかった。役柄と同様、気さくな印象のカトリーヌとは対照的に、アングラードはすでにその役から完全に抜け出し、近寄りがたい紳士然とした態度でカトリーヌのスピーチにも表情を変えなかった。エンターテイナーと根っからの役者の違いを見せつけられた瞬間だった。

◇初出=『ふらんす』2019年7月号

『ふらんす』2019年7月号「対訳シナリオ」で、映画の一場面の仏日対訳シナリオを掲載しています。

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. 中条志穂(ちゅうじょう・しほ)

    翻訳家。共訳書コクトー『恐るべき子供たち』、ジッド『狭き門』

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2019年11月号

ふらんす 2019年11月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

モンテーニュの言葉

モンテーニュの言葉

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる