白水社のwebマガジン

MENU

中条志穂「イチ推しフランス映画」

美しい少年たちの恋と別れ『Summer of 85』

映画『Summer of 85』


© 2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

監督・脚本:フランソワ・オゾン François Ozon
アレクシス(アレックス):フェリックス・ルフェーヴル Félix Lefebvre
ダヴィッド:バンジャマン・ヴォワザン Benjamin Voisin
ダヴィッドの母:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ Valeria Bruni Tedeschi

2021年8月20日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

配給:フラッグ、クロックワークス

[公式HP]summer85.jp

 美しい少年たちの刹那の恋と永遠の別れを、瑞々しいタッチで描いたフランソワ・オゾン監督の最新作。

 物語は、逮捕された16歳の少年アレックスの回想で始まる。1985年、夏のノルマンディー。アレックスはヨットのセイリングで沖に出て、突然の嵐に見舞われ転覆してしまう。偶然近くをヨットで航行していた18歳のダヴィッドに助けられ、それをきっかけに二人は急速に親しくなる。やがて友情は恋愛感情に変わり、アレックスは初めての恋に夢中になる。そして二人は、「どちらかが先に死んだら、残された方はその墓の上で踊りを踊る」との約束を交わす。だが、この情熱的な恋は、ダヴィッドの心変わりによって終わる。ケイトという女の恋人ができたのだ。アレックスは嫉妬に狂い、ダヴィッドに詰め寄るが、ダヴィッドの心は離れていた。そして突然の事故によって二人は別れを迎えるのだった……。

 原作はオゾン監督がデビュー時より映画化を切望していた小説『おれの墓で踊れ』。全編を16ミリで撮影し、80年代の陽光溢れるノルマンディーをノスタルジックに蘇らせている。原題はÉté 85(1985年夏)。

【シネマひとりごと】

 本作は、薄暗い刑務所の廊下を手錠をかけられた少年が連行される場面から始まる。そして少年がカメラに向かって観客を挑発した直後、ザ・キュアーの大ヒット曲「インビトウィーン・デイズ」が流れてタイトルロールとなる。この粋な選曲も含め、わずか数分のオープニングだけでさすがと唸らされるオゾン劇場の開幕である。男性同士の純愛を描くといえば、昨年、グザヴィエ・ドラン監督が『マティアス&マキシム』を発表したが、原点回帰の風潮なのか、先輩オゾンも負けじと(?)本作で少年同士の瑞々しい青春と恋愛を真っ向から描いた。ただし、BL作品を期待しすぎると肩透かしをくらうかもしれない。映画館や遊園地でのデート、二人乗りのツーリング……初恋の躍動するような喜びやせつなさを、オゾンは性別に関係なく普遍的なものとして描いている。

 ノルマンディーが舞台のひと夏の恋物語で、エリック・ロメールの『海辺のポーリーヌ』を思わせるところもあるが、本作の少年二人とイギリス娘の三角関係は、ロメールのようなくどさはなく、あっけらかんとしている。また、オゾンは踊る場面をよく取り入れるが、今回はタイトルにもある通り、墓場踊りが圧巻のクライマックスだ。原作小説『おれの墓で踊れ』では、ローレル&ハーディの映画に流れるおかしな曲にのせて踊る、となっているが、本作の、ロッド・スチュワートのヒット曲「セイリング」を伴奏にした踊りは、ジョルジュ・ドンの「ボレロ」のごとく、おずおずとした始まりから、徐々に大胆に狂気じみて盛り上がっていくスタイル。哀しみと滑稽さの入り混じった踊りを経て再生にむかう主人公の姿が、いかにもオゾンらしい軽やかなラストを招きよせている。

◇初出=『ふらんす』2021年8月号

『ふらんす』2021年8月号「対訳シナリオ」で、映画の一場面の仏日対訳シナリオを掲載しています。

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. 中条志穂(ちゅうじょう・しほ)

    翻訳家。共訳書コクトー『恐るべき子供たち』、ジッド『狭き門』

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2021年9月号

ふらんす 2021年9月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

白水社の新刊

1日5題文法ドリル つぶやきのフランス語

1日5題文法ドリル つぶやきのフランス語

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる