白水社のwebマガジン

MENU

【根井ゼミ】「1日1文 経済学の名言」根井雅弘

第1回 ジョーン・ロビンソンの名言

"The purpose of studying economics is not to acquire a set of ready-made answers to economic questions, but to learn how to avoid being deceived by economists. "
Joan Robinson(1955)

 ケインズの愛弟子、ジョーン・ロビンソンのあまりにも有名な言葉。至るところで引用されるが、昔、都留重人・伊東光晴共訳『マルクス主義経済学の検討――マルクス・マーシャル・ケインズ』(紀伊國屋書店、1956年)に原文とともに載っていたので、人口に膾炙したのだろう。私にとっては師匠とそのまた師匠の共訳なら文句のつけようがないはずだが、後段が「だまされないようにすること」と意訳されていたので、私はあえて原文に忠実な訳を掲げることにしている。

 「経済学を学ぶ目的は、経済問題に対する一連の受け売りの解答を得ることではなく、いかにして経済学者にだまされるのを回避するかを知ることである。」

 この言葉は、当時の主流派であった新古典派にも、それに異を唱えるジョーン・ロビンソンのような異端派にもよく使われるようになったが、文脈がまるで異なる。新古典派は、ろくに理論をマスターせず「エコノミスト」と称する評論家が経済学を知っているかのように語るのを嫌っていたし、逆に異端派は、経済問題に対する新古典派的思考法だけが正解のように信じている人々を苦々しく思ってきたというように。この言葉が出てきたら、どのような文脈で使われているか、確かめてほしい。

Joan Robinson," Marx, Marshall, and Keynes," in Contributions to Modern Economics,1978,p.75.

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. 根井雅弘(ねい・まさひろ)

    1962年生まれ。1985年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。1990年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。現在、京都大学大学院経済学研究科教授。専門は現代経済思想史。『定本 現代イギリス経済学の群像』(白水社)、『経済学の歴史』、『経済学再入門』(以上、講談社学術文庫)、『ガルブレイス』、『ケインズを読み直す』、『英語原典で読む経済学史』『英語原典で読む現代経済学』(以上、白水社)、『経済学者の勉強術』、『現代経済思想史講義』(以上、人文書院)他。

関連書籍

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2020年10月号

ふらんす 2020年10月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

白水社の新刊

フランス語っぽい日々

フランス語っぽい日々

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる