白水社のwebマガジン

MENU

【根井ゼミ】「1日1文 経済学の名言」根井雅弘

第5回 フランシス・イシドロ・エッジワースの名言

"The first principle of Economics is that every agent is actuated only by self-interest. The workings of this principles may be viewed under two aspects, according as the agent acts without, or with, the consent of others affected by his action. In wide sense, the first species of action may be called war; the second, contract." 
Francis Ysidro Edgeworth(1881)

 アイルランド出身の経済学者、フランシス・イシドロ・エッジワースの『数理心理学』の原書を初めて見たのは、若かりし頃、場所は清水幾太郎の研究室だった。清水氏の名著『倫理学ノート』(岩波書店、1972年)にも出てくる。風変わりな書名だなと思ったものだが、現時点で評価すれば、エッジワースのボックス、契約曲線、極限定理など、マーシャルよりも現代のミクロ経済学に直結する貢献をした偉大な経済学者と呼んでもよいだろう。

 「経済学の第一原理は、すべての主体を動機づけるのは利己心のみだということだ。この原理がどのように作用するかは、二つの局面のもとで考察できるだろう。すなわち、その主体の行動が、彼の行動によって影響を受ける他者の同意がないのか、それとも同意があるのかに応じて、ということだ。広い意味では、最初の種類の行動は戦争、そして、第二のそれは契約と呼ばれるよう。」

 この言葉の意味は深い。『数理心理学』を読み終えたあとでなければ、その真の意味は理解できないかもしれない。清水氏はとてつもない本を見せてくれたことになる。

Francis Ysidro Edgeworth, Mathematical Psychics: An Essay on the Application of Mathematics to the Moral Sciences, 1881,pp.16-17.

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. 根井雅弘(ねい・まさひろ)

    1962年生まれ。1985年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。1990年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。現在、京都大学大学院経済学研究科教授。専門は現代経済思想史。『定本 現代イギリス経済学の群像』(白水社)、『経済学の歴史』、『経済学再入門』(以上、講談社学術文庫)、『ガルブレイス』、『ケインズを読み直す』、『英語原典で読む経済学史』『英語原典で読む現代経済学』(以上、白水社)、『経済学者の勉強術』、『現代経済思想史講義』(以上、人文書院)他。

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2020年12月号

ふらんす 2020年12月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

白水社の新刊

フランス語っぽい日々

フランス語っぽい日々

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる