白水社のwebマガジン

MENU

今井敬子「レオナール・フジタ〈小さな職人たち〉」

第15回 《詩人》

ふらんす2018年6月号表紙絵
レオナール・フジタ
《詩人》
1958年
ポーラ美術館蔵

 フジタが女性の詩人を描くのは、本作品が初めではない。フジタの筆による《アンナ・ド・ノアイユの肖像》(1926年、DIC 川村記念美術館蔵)は、20世紀初頭のフランスを代表する女性詩人のノアイユ夫人(1876-1933)の立ち姿を写した肖像画の傑作である。余白が広がるカンヴァスの中にひとり佇む彼女は、可憐なレースを付けた豪奢な金色のドレスに繻子の靴を履き、一輪の赤いバラを手にして、絵の向かいに立つ者をじっと見つめ返す。制作中の画家に対して、モデルの彼女はこうたしなめた。

 「わかるでしょう、フジタ。あたしたち二人は天才なのよ。この絵もやがてルーヴルに納まります。女流詩人は女流詩人らしく描かなくてはなりません」(ユキ・デスノス『ユキの回想』河盛好蔵訳、1979年)

 やがてフジタは彼女の細かな注文に嫌気がさした。ノアイユ夫人の肖像は未完成となったが、紙上に刻まれた彼女の詩篇のように、満ち満ちたパッションを湛えている。

 レオナール・フジタ(藤田嗣治1886-1968)は1920年代以降、多くの文学作品を手がけているが、それは著作としてではなく、本を愛する挿絵画家としての仕事であった。フジタがパリで制作した本とは、20世紀初頭に画商アンブロワーズ・ヴォラールの発案により生まれた、いわゆる「芸術家による挿絵本livre dʼartiste」である。フジタの描く軽妙洒脱な線、とくに女性のポーズや装いのディテールにこだわった繊細な女性像は、硬い表情で整列する活字に対して親密に応じ、華やかに響きあった。フジタは詩や物語のよき伴奏者として、ときにはテキストを凌駕する豊かなイマジネーションを喚起する挿絵画家として、秘めた才能を伸ばしていく。

 芸術家の版画による部数が限定された豪華な詩画集や挿絵本は、1920年代にフジタが画壇で脚光を得るのとちょうど軌を一にして認知度を高めて隆盛を誇った。フジタは恋人のユキを伴い出版のパトロンとなる愛書家が主催するサロンに出入りし、文学と出版にまつわる要人との交流に努めた。その当時、彼らのサークルに君臨した女王が、アンナ・ド・ノワイユであった。

 フジタは生涯で50冊以上の挿絵本を制作している。1919年に日本人文学者の小牧近江(こまきおうみ)の詩にエッチングで挿絵を付けた『詩数篇』という小さな詩画集が出発点であった。その後、1920年代以降は敏腕出版プロデューサーたちの見立てにより、アンドレ・ジッド、ポール・クローデル、ピエール・ルイス、アポリネールらの著作とフジタの挿絵が組まれるほか、フジタと友人関係にある著者との親しい間柄を活かした挿絵本も編まれた。前者の代表格がポール・クローデルである。クローデルが駐日フランス大使を務めた期間に、3冊の著作『日本の心をおとずれるまなざし』(1923年発行)、『東方所観』(1925年発行)、『朝日の中の黒鳥』(1927年発行)をフジタの挿絵入りで自国にて出版する。しかしながら在日のクローデルとパリのフジタは親しく接する機会を得られなかったようである。

 他方、ジャン・コクトーとは1913年にフジタが渡仏して数年内に知り合い、1920年代より挿絵を提供するなど入魂の仲となる。1930年代には帰国していたフジタは1936年に来日したコクトーを案内し、その想い出と友情をコクトーの紀行文とフジタの挿絵による美しい挿絵本『海龍』(1955 年発行)に結実させた。コクトーが亡くなる1963年には再び共作『四十雀』を発行し、本作品《詩人》をもとにした版画を掲載している。自刻・自摺をときに実践し、版画技法を熟知したフジタの表現は幅広く、優れた写実性と官能的な線描、東洋の書画と文化に由来する作画法は、詩集、戯曲、小説、見聞録など、多様なジャンルの著作に自在に応えるものであった。

 フジタ自身による本格的な詩作はないが、本の仕事の経験を積んだ結果、フジタはいつしか詩の挿画と著者の肖像画のスペシャリストとなっていた。本作品は、そんなフジタが晩年に創り出した詩人像-女神(ミューズ)の像である。1958年の制作であることを鑑みれば、1960年代のヒッピーの前身ともいえようか。バラを手にする代わりに、気まぐれな年頃の女の子は頭に指を立て、ピストルを真似たジェスチャーで、詩作の閃きに打たれたような、あるいは、かつてノアイユ夫人が画家に突き付けた挑発と同種の不敵な態度を示しつつ、その愛らしい姿を大地に横たえている。

◇初出=『ふらんす』2018年6月号

バックナンバー

著者略歴

  1. 今井敬子(いまい・けいこ)

    ポーラ美術館学芸課長

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2018年11月号

ふらんす 2018年11月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

英語原典で読む経済学史

英語原典で読む経済学史

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる