白水社のwebマガジン

MENU

トリコロル・パリ文 ドミニク・ル・バグス絵「フランスのおしごとABC」

第25回 Y

Yaourtier

男性形:un yaourtier / le yaourtier
女性形:une yaourtière / la yaourtière

「W」や「X」と同じく、「Y」から始まる言葉もかなり少ないなか、 フランスらしいこの「yaourtier(ヤウルチエ)」を選んでみました。「yaourt(ヨーグルト)」の末尾に「ier」をつけて「ヨーグルトを作る人」を意味します。酪農が盛んで乳製品が豊富なこの国には、牛乳はもちろんヤギ乳や羊乳で作られたものも含め、ありとあらゆるヨーグルトがあります。牛乳のものと区別するために、ヤギ乳のヨーグルトは「yaourt au lait de chèvre(ヤウルト・オ・レ・ドゥ・シェーヴル)」、羊乳のものは「yaourt au lait de brebis(ヤウルト・オ・レ・ドゥ・ブルビ)」と書かれています。ほかにも、「nature(ナチュール=プレーン)」や、様々なフルーツのフレーバーやソース入りのものなど、スーパーの冷蔵コーナーに並ぶヨーグルトの品揃えは圧巻です。朝食よりも、おやつの時間や食後のデザートとして楽しむ人が案外多いかもしれません。

1人分の小さいガラス容器入りヨーグルトが昔ながらのスタイルで、使い終わった容器を他の用途に使い回すのも家庭でよく見かける光景です。ちなみに家庭用のヨーグルトメーカーは女性形で「yaourtière(ヤウルチエール)」と呼ばれます。

◇トリコロル・パリさんの文&ドミニク・ル・バグスさんの絵をもっと楽しみたい方は、こちらもどうぞ♪

『おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ』
トリコロル・パリ 著 ドミニク・ル・バグス 絵

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. トリコロル・パリ(荻野雅代・桜井道子)

    フランス在住15年以上の日本人ふたり組。2010年に立ち上げたパリとフランスの情報サイト「トリコロル・パリ」(http://tricolorparis.com)でパリの観光情報やフランスの素顔を独自の目線で伝えている。『パリでしたい100のこと』(自由国民社)などのガイドブックから『パリが楽しくなる!かんたんフランス語』(パイ・インターナショナル)などのフランス語会話集まで、著書多数。 Instagram / Facebook / Twitter : tricolorparis

  2. ドミニク・ル・バグス(Dominique Le Bagousse)

    テキスタイルデザイナーとして仕事をするかたわら、イラストレーターとしても活躍。大好きな絵を通じて子供向けのアートや文化活動にも力を注いでいる。2016年、自宅で仕事をするフリーランスの悲哀を描いた初のエッセイイラスト集『Télé Mac』(Pyramyd社)を出版。優しさとユーモア、繊細さがある絵は、見るものを自然と微笑ませる。 http://dominiquelebagousse.fr/http://cargocollective.com/dominiquelebagousse/Instagram : dominiquelebagousse

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2019年4月号

ふらんす 2019年4月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

英語原典で読む経済学史

英語原典で読む経済学史

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる