白水社のwebマガジン

MENU

姫田麻利子+Steve MARSHALL「友だちだよね? フランス語と英語のちがうところ」

最終回 anyをフランス語で言うと?

日本語とフランス語、日本語と英語に比べたら、フランス語と英語はずっと近いのに、少し違うところもあって、とまどうことがあります。そんな違いを探してきた連載も最終回となりました。今回は、英語のanyに対応するフランス語を整理します。

今月の表現

1)お兄さんから便りはないの?
 仏 Tu nʼas pas de nouvelles de ton frère ?
 英 Donʼt you have any news from your brother?
   Do you not have any news from your brother?

2)どんな学生でもそれはわかるだろう。
 仏 Nʼimporte quel étudiant saurait ça.
 英 Any students would know that.

3)ひとつも問題はなかった。
 仏 Je nʼai eu aucun problème.
 英 I didnʼt have any problems.

4)彼は何も言わなかった。
 仏 Il nʼa rien dit.
 英 He didnʼt say anything.

Mariko:この連載の第7回で冠詞の話をした時、漠然と「いくつかの」「いくらかの」と言うなら、英語では冠詞なしかsomeで、フランス語では数えられる名詞の複数にはdes、数えられない名詞には部分冠詞のdu, de laを使うって整理したじゃない?その時に、« Tu veux du café ? »を英語にするなら、“Do you want some coffee?”か、“Do you want any coffee?”だけど、someを使うのは“Yes”を想定した質問で、anyの方は“No”を想定してるって、Steve言ったよね?

Steve:文法の教科書では、そう説明される。だけど、ふだんの会話だと、皆そんなつもりもなくsomeとanyを使ってるんじゃないかな。

Mariko:私、anyの意味がよくわからない。授業とかで、Steveが“Any questions?”と聞く時、あれは« Avez-vous des questions ? »なの? « Pas de questions ? »の感じじゃないの?

Steve:“Some questions?”って使わない言い方だからさ。ふつう“Any questions?”と聞くんだよね。省略しないで、“Has anyone got some questions?”とは言う。“Has anyone got any questions?”とも言う。その区別は意識してないなぁ。口から出た方を使う。

Mariko:意識しないんだ。

Steve:“Any questions?”は、「何か質問があればどうぞ」の感じ。次の話題に移る前に質問がないか確認するなら、“No questions?”だよ。

Mariko :じゃあ、« Tu nʼas pas de nouvelles de ton frère ? »を英語で言うとどうなる? “Donʼt you have any news from your brother?”でいい?

Steve:“Donʼt you have any news from your brother?”は、文法書的には“No”を予想した質問なんだけど、声の調子や文脈によっては、“Yes”の答えを期待しているとも考えられる。そのフランス語も、« Si »の答えを期待して言ってる可能性もあるでしょ? “Do you not have any news from your brother?”とも言えるよ。これだと質問している人は、便りはないんだろうと悲観的な想定をしているように聞こえる。

Mariko:フランス語では、否定文では不定冠詞、部分冠詞は使えなくて、pas deになるけど、anyは使えるのよね。

Steve:そう、だから、英語話者はよく、« Je nʼai pas dʼeau. »と言うべきところで、« Je nʼai pas de lʼeau. »と言ってしまう。

Mariko:anyって肯定文のなかで使うこともあるでしょ? たとえば、“Any students would know that.”をフランス語にするなら、« Tous les étudiants sauraient ça. »と訳す? それとも、« Nʼimporte quel étudiant saurait ça. »にする?

Steve:肯定文のなかのanyは、nʼimporte quelの意味に近いと思う。その文ならどっちでもいいけど、« Nʼimporte quel étudiant... »の方が近いよ。“Which doctor would you like to see?”(どの先生に診てもらいたいですか)と聞かれて、“I donʼt mind, anyone is fine.”(どなたでも結構です)と言う時のanyoneも、フランス語ならnʼimporte lequelだね。

Mariko:それ、全部訳すなら« Quel docteur voudriez-vous voir ? » « Ça mʼest égal. Nʼimporte lequel ça sera bien. »となるかな。

Steve:あるいは« Nʼimporte quel docteur mʼira. »とかね。あ、“Anyway, he passed the exam.”(ともかく、彼は試験に通った)は、« De toute façon, il a réussi à lʼexamen. »だね。

Mariko:ね、否定文のなかのanyだけど、“I didnʼt meet any problem.”は、« Je nʼai rencontré aucun problème. »の意味でしょ?

Steve:うん、そう。合ってるよ。

Mariko:この文はaucun以外には訳せないからすぐわかるんだけど、たまにaucun(e)の意味か、nʼimporte quel(le)の意味か、わからないものもある気がする。たとえば、“He wonʼt accept any work.”とか。

Steve:ああ、もしanyが強調されていたら、« Il nʼacceptera pas nʼimporte quel travail. »(彼はどんな仕事でも引き受けるわけではないだろう)という意味だけど、anyが強調されていなければ、« Il nʼacceptera aucun travail. »(彼はどんな仕事も引き受けないだろう)の意味だよ。書き言葉なら文脈しだい。

Mariko:なるほど。否定文のanythingってrienなのよね。rienはnothingかと思うけど。“He said something.”の否定文は、“He said nothing.”, “He didnʼt say anything.”、どっちでもいいの?

Steve:どっちでもいいけど、“He said nothing.”とはあんまり言わないよ。

Mariko:私は、« Il nʼa rien dit. »の意味のつもりで、“He didnʼt say nothing.”と言いそうになる。

Steve:それはフランス語話者によくある間違いだけど、英語ネイティブでも、« Il nʼa rien dit. »の意味で、“He didnʼt say nothing.”と言う人はいるんだよ。でも、教養がないと思われる(笑)。“He didnʼt say nothing.”は、文法上正しい意味は“He said something.”のことだからね。

【今月のまとめ】
フランス語では、否定文では不定冠詞・部分冠詞は使えずdeになる。肯定文中のanyは、nʼimporte quel(le)、否定文中のanyは主にaucun(e)に対応する。

《カナダ英語圏 フランス語ランドスケープ》



カナダでは、英語で教育を行う公立校でも、フランス語で教育を行うフレンチイマージョンコースを併設している所があります。バイリンガルの育成がねらいです。フランス語で教える科目は、幼稚園から小学校低学年までは100パーセントで、それ以降はしだいに減ります。フランス語人口の最も低いBC州でも近年、フレンチイマージョンの人気が高まり、2000年の調査では登録者数は全生徒の2パーセントでしたが、2017年には10パーセントとなっています。写真はノースバンクーバーにあるフレンチイマージョン併設小学校のひとつ。

◇初出=『ふらんす』2018年3月号

バックナンバー

著者略歴

  1. 姫田麻利子(ひめた・まりこ)

    大東文化大学教授。仏語教育・異文化間教育

  2. Steve MARSHALL(スティーブ・マーシャル)

    Simon Fraser University 教育学部准教授。著書 Advance in Academic Writing

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2018年9月号

ふらんす 2018年9月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

フランス語作文ラボ

フランス語作文ラボ

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる