白水社のwebマガジン

MENU

エスプリの効いたフランスの言いまわしがたっぷり!『おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ』



《フランスの慣用句で会話にスパイスを!
 イラストと楽しむ、フランスの言いまわし》

恋の予感がしたら「お腹にちょうちょがいる」。
約束をすっぽかされたら「うさぎを置かれた」。

『おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ』
トリコロル・パリ著/ドミニク・ル・バグス絵


では、茶目っ気のあるおしゃべりが大好きなフランス人、
彼らならではの言いまわしをご紹介。
あなたもおしゃべりで使ってみませんか?

ナビゲーターはちょっととぼけ顔のクマのおじさん。


------------------------------------------------------ 
◎目次◎
・どんな本?
・どんなフレーズが載ってるの? クイズで試し読み

・担当編集者からひとこと
・壁紙無料ダウンロード
・関連情報
------------------------------------------------------

【どんな本?】

本書の3つのポイントをご紹介します。

①ながめて楽しい、フランス人のおしゃべり術


マドレーヌのように泣く」。実際の意味は「とめどなく泣く」こと。

世界の言葉には、直訳からは実際の意味がわからない慣用句がたくさんあります。
もちろん、フランス語にも。
茶目っ気のあるフランス人が使うフレーズを紹介する一冊です。

各フレーズの案内役は、クマのおじさんのイラスト。
クマさんのとぼけたしぐさと、フレーズの意味を比べてながめていると、
思わずクスッとしてしまいます。

②知ったら使いたくなる 〜ネガティブな表現も、ユーモラスに〜


イチゴを持って戻る」。実際の意味は「呼ばれてないのに会話に割って入る」。

意味や使うシチュエーションがわかったら、ぜひ会話で使ってみて。
発想の面白さできっとおしゃべりのスパイスになるはずです。

中にはネガティブな意味のフレーズもありますが、
それは、ネガティブなことを言うときでも、
ちょっとひねりを加えた面白い言いまわしを使って乗り切ってほしいから。

もちろん、いいことがあったとき、恋の予感がしたときにも……。

③ポストカード2枚付き


左のカードにはC'est chouette! つまり「すごい」の文字が。
肩にフクロウがいるのはchouetteはそもそもフクロウの意味だから。
イラストレーターのドミニク・ル・バグスさんのユーモアが光ります。

描き下しイラストによるポストカード2種付き。
身近なあの人にぴったりのフレーズを見つけたら、このカードに書いて送ってみてください。
もちろん、飾ってもすてきです。


【どんなフレーズが載ってるの? クイズで試し読み】

本書より3つのフレーズを、クイズ形式でご紹介します。
どんな意味か予想してから正解を見てみると楽しいかも。


avoir le cafard
直訳:ゴキブリを持つ

ヒント:クマさんの表情から推測できるかも?

↑画像をクリックすると答えのページが開きます



avoir un cœur d'artichaut
直訳:アーティチョークの芯を持つ

ヒント:少し難しいかも。一部掛詞にもなっています。

↑画像をクリックすると答えのページが開きます



avec des si on mettrait Paris en bouteille
直訳:「もし」と言ったらパリですら瓶の中に入れられる

ヒント:直訳から想像してみてください。そんなことって…

↑画像をクリックすると答えのページが開きます


【担当編集者からひとこと】

担当編集者から、読者のみなさまへのメッセージです。

「この本の無手勝流の楽しみかたをご紹介します。

ひとつは、日本語の慣用句と比べながら読んでみること。「家の中で権力を握る」は、日本語だったら「亭主関白」「カカア天下」、まさに戦国の世の厳しさを思わせます。でもフランス語は「ズボンを履く」と、なんとなく優雅ではありませんか。

もうひとつは、身近な人の性格やクセにぴったりのフレーズを探して、その本人に「ねえ、あなたみたいな人のことをフランス語ではね…」と言ってみること。けっこう、会話がはずみますよ。ぜひお試しください。」


【壁紙無料ダウンロード】

本書のイラストの作者ドミニク・ル・バグスさんが、PC・スマートフォン用の壁紙を描き下ろしてくださいました。
無料でダウンロードして壁紙としてお使いいただけます。

※「ダウンロード」ボタンのリンク先の画像を壁紙に設定してお使いください。

▼PC用 2560x1440px

ダウンロード


▼スマートフォン用 1080x1920px

ダウンロード



【関連情報】

◎著者情報
・著者のトリコロル・パリさんが運営するパリとフランスの情報サイト「トリコロル・パリ」
 http://tricolorparis.com

・イラストレーターのドミニク・ル・バグスさんのwebサイト(フランス語)
 http://dominiquelebagousse.fr

◎メディア掲載
・雑誌「ELLE JAPON」2018年3月号のCULTURE NOWのコーナーでご紹介いただきました。

・webマガジン「パリマグ」さんに紹介記事を掲載していただきました。
 https://parismag.jp/life/14620


【書籍紹介】

『おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ』
トリコロル・パリ 著 ドミニク・ル・バグス 絵
>ご購入


↑トップに戻る

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2018年12月号

ふらんす 2018年12月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

英語原典で読む経済学史

英語原典で読む経済学史

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる