白水社のwebマガジン

MENU

エバ・ハッサン「アラブのことわざ×日本」

第3回 サルはその母の目では鹿だ


©Peri.

القرد في عين أمه غزال
(エルエルドゥ フェエーン オンモ ガザール)
訳:サルはその母の目では鹿だ

今回も動物を扱った、アラブ人がよく使うことわざの紹介です。これはどういう意味でしょうか。アラブ社会で「サル」と「鹿」がそれぞれどう判断されるかが分かれば、このことわざが伝えるメッセージも分かるでしょう。
「サル」は日本では、ずる賢い、知性が高い動物というイメージでしょうか。アラブでは、落ち着きがない子どもなどを指したりもしますが、一般的に「醜さ」を代表する動物です。 一方、鹿は、日本では山地で繁殖して増えてしまって、迷惑な存在になってしまっていますが、アラブでは「外見の良さ」「スタイルの良さ」「美しさ」等を象徴しています。 これらの情報を踏まえて意味が推測できませんか。つまり、「醜くても、欠陥があっても、好きな人の目には完璧に映る」という意味ですね。日本にも「あばたもえくぼ」という近いことわざがありますね。ただ、アラブのことわざの場合は、身内に対してよく使います。日本では、家族のことを控えめに謙虚に話しますが、アラブ世界では、とにかく自慢します。たとえば、お見合いの場面でこんなふうに使います。

 男性の母:うちのアリーは何て見事な会社員よ。
 男性:……(恥ずかしそうにしている)
 女性の母:あら、そうですか。
 男性の母:性格も良いし、ほら、シャイでしょう? なんて良い子なんでしょう!
 女性側全員の心の声:(サルはその母の目には鹿!)

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. エバ・ハッサン

    東京大学大学院博士号取得。現在、慶応義塾大学及び国際基督教大学、放送大学でアラビア語、現代アラブ社会の講師を務める。Japan-MENA協会会長。

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2020年4月号

ふらんす 2020年4月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

ひとりでも学べるフランス語

ひとりでも学べるフランス語

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる