白水社のwebマガジン

MENU

11/5〜 ミムジー・ファーマー主演『MORE/モア』『渚の果てにこの愛を』日本同時再公開

 

麻薬中毒者の末路を破滅的に描いたジャンキー映画の最高峰『MORE/モア』(69)、そして、過去数十年にわたり世界的に観ることが出来なかった幻の作品にして異形のミステリー、『渚の果てにこの愛を』(70)。麻薬中毒、フリーセックス、近親相姦―当時の映画表現の限界を超え、インモラルな領域に踏み込んだ2大問題作が、遂にこの秋、再公開される。この2作品に連続主演したのが、今や知る人ぞ知る伝説のアメリカ人女優、ミムジー・ファーマーだ。

1960年代初め、ハリウッドの清純派スターとして売り出したミムジーは、低予算作品に数本出演した後に渡欧。後に『運命の逆転』(90)でアカデミー賞候補となるバーベット・シュローダーの監督デビュー作『MORE/モア』(69)に主演する。地中海の楽園イビサ島を舞台に、アメリカのヒッピー女性が、ドイツ人の若者と麻薬に溺れ、破滅への道をたどる姿を描いたこの作品で、ミムジーはバイセクシュアルの麻薬中毒者を大胆なフル・ヌードを交えて演じ、その鮮烈なイメージの数々は、1969年カンヌ映画祭・国際批評家週間で一大センセーションを巻き起こした。

続く『渚の果てにこの愛を』(70)は、『MORE/モア』で一躍時の人となったミムジーの、金髪ショートカットのスタイルをそのまま流用した異形のミステリー。茫漠たる荒野のドライブインを舞台に、ミムジーは、その地を訪れた旅の若者を盲目的に兄と慕う、歪んだ愛欲と狂気に憑かれた女を熱演。ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞・特別賞に輝いた。

ミムジーが両作品で演じた“海と太陽に愛された死の天使”ともいうべき役柄は、いわゆる“ファム・ファタール”の妖艶さ、邪悪さとは似て非なるものだ。まばゆい笑顔と伸びやかな肢体、常識や道徳に縛られない自由な精神が堕落や退廃と表裏を成す女性像は、その可憐でセンシティブな美しさとともに、初めて彼女を知る者の心もざわめかせるに違いない。

『MORE/モア』『渚の果てにこの愛を』は、2021年11月5日(金)より新宿シネマカリテ他全国順次公開。

公式サイト https://mimsyfarmer2021.com/

●『MORE/モア』 More 
出演:ミムジー・ファーマー クラウス・グリュンバーグ ハインツ・エンゲルマン ミシェル・シャンデルリ
製作・監督・脚本・原案・台詞:バーベット・シュローダー 脚本:ポール・ジェゴフ 撮影:ネストール・アルメンドロス 音楽:ピンク・フロイド 
【1969年度作品(日本初公開1971年2月)/西ドイツ・フランス・ルクセンブルグ合作/カラー/ヨーロピアン・ヴィスタサイズ 1:1.66/モノラル/DCP/上映時間:116分】 © 1969 FILMS DU LOSANGE

●『渚の果てにこの愛を』 La Route de Salina
出演:ミムジー・ファーマー ロバート・ウォーカー リタ・ヘイワース エド・べグリー マルク・ポレル 
監督・脚本:ジョルジュ・ロートネル 脚色・台詞:パスカル・ジャルダン ジャック・ミラー シャルル・ドラ 原作:モーリス・キュリー 音楽:クリストフ、クリニック 【1970年度作品(日本初公開1971年6月)/フランス・イタリア合作/カラー/スコープサイズ 1:2.35/モノラル/DCP/上映時間:95分】
© 1970 STUDIOCANAL - Fono Roma - Selenia Cinematografica S.R.L. All Rights Reserved.

■キングレコード提供 ■コピアポア・フィルム配給

タグ

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2021年9月号

ふらんす 2021年9月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

白水社の新刊

1日5題文法ドリル つぶやきのフランス語

1日5題文法ドリル つぶやきのフランス語

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる