白水社のwebマガジン

MENU

10/24〜12/23 「鹿島茂コレクション アール・デコの造本芸術 高級挿絵本の世界」@千代田区立日比谷図書文化館

「鹿島茂コレクション アール・デコの造本芸術 高級挿絵本の世界」@千代田区立日比谷図書文化館


ジョルジュ・バルビエ
アルベール・フラマン著『コメディの登場人物』(1922)
© NAO KASHIMA(NOEMA.Inc.JAPAN)

20世紀初頭、アール・デコ華やかなりし時代に、革新的なデザイン感覚を持ったイラストレーターと、高度な技術を持った印刷職人とのコラボレーションにより次々と産み出された高級挿絵本。それはまた、新鋭イラストレーターを起用し新しいモード・ジャーナリズムを見事に開花させた先見の明ある編集者の登場と、裕福なパトロンが同時代に存在するという、幸福なできごとにより生まれた芸術でもありました。
細部までこだわり抜いたその造本美は、デジタルが横行する今なお新鮮で、どこまでも美しく、見ているだけで至福の時を過ごすことができます。グラフィック・アート黄金時代を築いた、アール・デコ四天王と呼ばれるジョルジュ・バルビエ、アンドレ=エドゥアール・マルティ、シャルル・マルタン、ジョルジュ・ルパップ─彼らのきらめく挿絵はもちろん、モダングラフィックデザインを代表するドイツやイギリスとは一線を画す独自の進化を遂げたフランス、アール・デコ期のタイポグラフィも魅力的です。
本展では、フランス文学者の鹿島茂氏が30年以上にわたって収集してきた膨大な数の個人コレクションの中から、バルビエ、マルティ、マルタン、ルパップによる挿絵本と、4人がそれぞれに関わったファッション・プレート合わせて100点あまりを紹介します。アール・デコの造本芸術の優美な世界をご堪能ください。

会期:2019年10月24日(木)~ 12月23日(月)
   ※休館日11月18日(月)、12月16日(月)
観覧時間:月~木10:00 ~19:00、金10:00 ~ 20:00、土10:00 ~ 19:00、日・祝10:00 ~ 17:00(入室は閉室の30分前まで)
会場:千代田区立日比谷図書文化館 1階特別展示室

[関連講演会]
「アール・デコの挿絵本~活字とイラストの総合芸術」
日時:2019年11月23日(土・祝)午後1時30分~午後3時(午後1時開場)
場所:日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
講師:鹿島茂(フランス文学者・評論家、明治大学国際日本学部教授)

>展覧会サイト

タグ

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2019年11月号

ふらんす 2019年11月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

モンテーニュの言葉

モンテーニュの言葉

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる