白水社のwebマガジン

MENU

「「北鎮」の墓碑銘:第七師団第二十五聯隊の記憶」渡辺浩平

明治維新150年、北海道150年は喧伝されたが、近代の深層は顧みられなかった。
その1つが〈北鎮〉である。日露戦役からアッツ島玉砕まで北鎮師団は何を語るか?
忘却された北への眼差しを恢復する試み、連載開始。

タグ

著者略歴

  1. 渡辺浩平(わたなべ・こうへい)

    1958年生まれ。東京都立大学大学院修士課程修了。1986年から97年にかけて博報堂に勤務。この間、北京と上海に駐在。その後、愛知大学現代中国学部講師を経て、現在、北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院教授。専門はメディア論。主な著書に『吉田満 戦艦大和学徒兵の五十六年』(白水社)、『中国ビジネスと情報のわな』(文春新書)、『変わる中国 変わるメディア』(講談社現代新書)他。

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2019年8月号

ふらんす 2019年8月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

「リサとガスパール」と一緒にひとことフランス語

「リサとガスパール」と一緒にひとことフランス語

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる