白水社のwebマガジン

MENU

第59回パリ祭/新国立劇場「カルメン」/映画「シンプルな情熱」/ほか

・第59回パリ祭
 日本を代表するアーティストが集い、シャンソンを心から楽しむフェスティバル。
 東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールにて、2021年7月13日(火)・14日(水)開催予定。フランスの紙広告などを扱うショップも出展。
http://www.paris-sai.com/

・新国立劇場「カルメン」
 愛と死の運命のドラマが繰り広げられる大人気オペラの「カルメン」新制作。カルメン役は演技力に定評のあるフランスのメゾ、ステファニー・ドゥストラック。大野和士指揮、アレックス・オリエ演出。2021年7月3日(土)~7月19日(月)新国立劇場にて、7月31日(土)・8月1日(日)びわ湖ホール公演あり(予定)。
https://www.nntt.jac.go.jp/opera/carmen/

・展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」
 19世紀のフランスでは、フランス革命を経て近代社会が成立する過程でそれまで低くみなされていた風景画が人気を博す。フランス・ランス美術館のコレクションから選りすぐりの名品を通じて、コロー、クールベらから印象派へと至るフランス19世紀の風景画を概観。油彩画約50点、版画約20点。東京・新宿のSOMPO美術館にて、2021年6月25日(金)から9月12日(日)までの予定。
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/musees-reims-2021/

・映画「シンプルな情熱」
 フランスの女性たちの深い共感を呼び、大ベストセラーを記録したアニー・エルノー『シンプルな情熱』がついに映画化。パリの大学で文学を教えるエレーヌはあるパーティでロシア大使館に勤めるアレクサンドルと出会い、そのミステリアスな魅力に惹かれ、恋におちる。これまでどおり大学での授業をこなし、友達と映画館へも出かけるが、心はアレクサンドルのことばかり。年下で、既婚者でもあるアレクサンドルからの電話をひたすら待ちわびる日々の中、エレーヌが最も恐れていたことが起きる─。日本語字幕:古田由紀子。2021年7月2日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国公開予定。
http://www.cetera.co.jp/passion/

・映画「ベルヴィル・ランデブー」
 2003年のカンヌ国際映画祭で特別招待作品として上映され、ニューヨーク映画批評家協会賞をはじめ多くの映画賞を受賞し、フランス映画として初めてアカデミー賞の長編アニメーション映画部門にノミネート。孤独な少年シャンピオンが自転車レースに情熱を傾け、おばあちゃんとの特訓が実を結び、ツール・ド・フランスに出場。しかしそこで事件が起きる。日本語字幕:星加久実。2021年7月9日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開予定。
https://child-film.com/Belleville/

タグ

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2021年8月号

ふらんす 2021年8月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

白水社の新刊

フランス語でシャンソンを

フランス語でシャンソンを

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる