白水社のwebマガジン

MENU

小島ケイタニーラブ「広州ノオト」

中国・広州に拠点を移した音楽家・小島ケイタニーラブが現地で生活していくなかで心に留まった様々な音。音から読み解く広州のいま。

著者略歴

  1. 小島ケイタニーラブ(こじまケイタニーラブ)

    シンガー/ソングライター
    1980年、静岡県浜松市出身。早稲田大学第一文学部在学中に夏目漱石、川端康成、The Smithsに影響を受け、楽曲を書き始める。2009年にロックバンドANIMAとしてデビュー後、これまでにソロ作品として、アルバム『小島敬太』、『It’s a cry run.』を発表。
    2011年から、古川日出男・管啓次郎・柴田元幸と朗読劇『銀河鉄道の夜』に出演、劇中音楽・主題歌などを担当。
    2013年から、温又柔とともに朗読と演奏によるコラボレーション活動<言葉と音の往復書簡>を開始。
    2016年には「NHK みんなのうた」に『毛布の日』を書き下ろす。ほかに、ミスタードーナツのCM『ドレミの歌』、読売テレビ・日テレ「遠くへ行きたい」主題歌など。
    2017年から、親子で楽しめる物語のフェスティバル『マンモススクール STORYTIME in NARA』のステージ監修を務める。シンガポールやインドネシアでの国際文芸フェスでも音楽と文学の垣根を越えたアプローチは注目を集めている。
    2018 年5月、フルアルバム『はるやすみのよる』をリリース。

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2018年10月号

ふらんす 2018年10月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

例文で覚えるフランス語熟語集

例文で覚えるフランス語熟語集

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる