白水社のwebマガジン

MENU

姫田麻利子+Steve MARSHALL「友だちだよね? フランス語と英語のちがうところ」

第5回 質問のしかた

 フランス語と英語のよく使う表現から、似ているようで異なるかたちを探しています。今月は、質問のしかたについて考えます。

 

今月の表現

1)どこに住んでいますか。

 英 “Where do you live?”

 仏 Vous habitez où ?

   Où est-ce que vous habitez ?

   Où habitez-vous ?

2)どんなスポーツが好き?

 英 “What sport do you like?”

 仏 Quel sport( est-ce que) tu aimes ?

   Quʼest-ce que tu aimes comme sport ?

 

Mariko:英語とフランス語の単語を知っていても、とくに疑問文のかたちは、ちょっとした置き換えじゃうまくいかなくて、つらい。« Tu habites où ? » の語順に慣れちゃってるから、“Where do you live?” というかたちを作るのに、脳が一瞬停止する。

Steve:フランス語から英語に置き換えてるからでしょ? 頭の中にある言いたいこと全体の意味に合う、英語の言い方を直接探す方法に変えたら、もう少し早く英語を話せるようになるんじゃない?

Mariko:わかってるけど、脳内に英語の表現がまだ足りなくて。ねぇ、“You live where?” というかたちは、ぜったい使わない?

Steve:使わない。でも、どこに住んでるって言ったのかよく聞こえなかったからもう1 回言って?という時とか、「何だって!? どこに住んでるって!?」みたいな、聞こえたけれどその場所の名前に驚いた場合なら、アリだね。そういう時はwhere を強調して言う。だけどフランス語でも、倒置形の疑問文はあるじゃない? « Où habitez-vous ? » って言うでしょ。

Mariko:Vous で話すような少し緊張感がある時、あるいはメールとか、書く時はね。英語は、ただ主語と動詞を倒置するんじゃなくて、do、does、did のどれかを選んで、それを先に言わないといけないじゃない、それが案外難しいの。

Steve:« Où est-ce que tu habites ? » のかたちもあって、イントネーションを上げるだけよりは少し丁寧な印象になるけど、たしかにどんな主語、どんな動詞の時でもest-ce que でいいからね。

Mariko:そう。Est-ce que と言いながら、次に言うこと確認する間(ま)も取れる。

Steve:そう言えば、息子たちは、私が« ..., nʼest-ce pas ? » という付加疑問文を使うと、おじいさんみたいって笑うけど、ふだんの会話で、もう使わない?

Mariko:ふだんの会話なら、« ..., non ? » とか、« ..., hein ? » の方が多いのかな。私は、« ~ , nʼest-ce pas ? » の方が、日本語の「~ですよね?」って言う時のリズムと似ていて、言いやすいの(笑)。ああ、英語は、付加疑問文も複雑。

Steve:まあね。だけど、たとえば、“Itʼs cold isnʼt it?” となるところ、ふだんの会話なら、“Itʼs cold, eh?” って言うこともあるよ。カナダ英語のイメージとして、よく例に出されるものだけど。

Mariko:それ、京ことばの語尾の「~え」の音とイントネーションにそっくりで可笑しい。京都の人からしたら正確には違うのかもしれないけど、私にはそっくりに聞こえて、初めて”…, eh?” を聞いた時、私が日本人だから、その人がどっかで習った京ことばの「~え」を言ってみてるのかと思った(笑)。

Steve:そうなの?

Mariko:密かに面白がってました。えっと。英語の付加疑問文で、主語と動詞、それが肯定か否定かによって、“..., donʼt you?” とか“…, doesnʼt he?” とか “..., is it?” とか考えることから逃げる方法として、“…, eh?” じゃなくて、“..., right?” はどう? ちょっとえらそうな感じになる?

Steve:えらそうにはならないよ。丁寧ではないけど。付加疑問文を言う時の注意だけど、言った文の内容に自信がなければ、付加疑問文はイントネーションを上げて言う、自信があれば、下げて言う。 “..., right?” を言う場合も、同じ。

Mariko:フランス語は、« ..., nʼest-ce pas ? » をイントネーション下げて言うことはないです。自信がある時でも、« ..., cʼest ça( hein) ? »とか、相手に確認するなら最後の母音は上げる。

Steve:英語スピーカーにとっては、what で始まる疑問文を、フランス語でどう言うかが難しいよ。« Quʼest-ce que... ? » のこともあれば、« Quel (le) est ... ? » だったり、« Comment ... ? » の場合もある。

Mariko:それね。たとえば、“What sport do you like ?” と聞きたい時、フランス語では、« Quel sport aimes-tu ? » というかたちもあるけど、日常的な会話の中だと« Quʼest-ce que tu aimes comme sport ? » と言うこともよくある。こっちのかたちは、英語にはないしね。

Steve:“What is you name?” と聞く時は、« Quel est ton nom ? » より、« Comment tʼappelles-tu ? » の方が感じがいいよね?

Mariko:名前を知らない相手にtu で話すことは、私はあんまりないから、その例がちょっとピンと来ないけど、« Quel est votre nom ? » なら、何か手続きに関して名前を聞かれてる感じ。自己紹介するときには、“Mon nom est …” じゃなくて、« Je mʼappelle … » って言う。でも、たとえば学校の教室とか職場で、« Quel est ton prénom ? » と聞くことはあるかも。ちなみに、カナダはフランスよりもすぐにtu になるね。

Steve:英語のyou の訳としてtu を使ってる感じだから。

Mariko:あ、もう1 つ聞いていい? « Comment est ton nouveau professeur ? » を英語にすると、“Howʼs your new teacher?” と“Whatʼs your new teacher like?” どっちも言える?

Steve:“Howʼs ~ ?” は、“Is he or she a good teacher?” の感じで、“Whatʼs ~ like?”の方は、どちらかと言うと、教え方のことより性格的なことを聞いてる感じがする。個人的な印象かもしれないけど。

 

【今月のまとめ】

英語のwhat は、疑問代名詞「何を」なら、フランス語ではquʼest-ce que、疑問形容詞「どんな」ならquel (le)(s)。ただし、フランス語の慣用表現ではcomment で始まる質問になるものもある。

 

《カナダ英語圏 フランス語ランドスケープ》

 前回、道路標示をご紹介したMaillardville。1909 年、フレーザー川沿いの製材業者の求人に応じ、ケベック州とオンタリオ州から110 名のフランス系カナダ人とその家族が、ここに移り住みました。家と、フランス語学校、カトリック教会が建てられ、やがてロッキー山脈西側で中心的なフランス語・コミュニティとなりました。2001年に製材所が廃業し、しだいに非フランス語家庭も増え、フランス語人口は2 パーセントとなりましたが、フランス系カナダ人の文化遺産を守る活動は盛んです。毎年3 月に行われるFestival du Bois がとくに有名です。写真は、Notre Dame de Lourdes 教会前の開拓者記念碑。


 


◇初出=『ふらんす』2017年8月号

バックナンバー

著者略歴

  1. 姫田麻利子(ひめた・まりこ)

    大東文化大学教授。仏語教育・異文化間教育

  2. Steve MARSHALL(スティーブ・マーシャル)

    Simon Fraser University 教育学部准教授。著書 Advance in Academic Writing

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2018年1月号

ふらんす 2018年1月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ

おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる