白水社のwebマガジン

MENU

姫田麻利子+Steve MARSHALL「友だちだよね? フランス語と英語のちがうところ」

第1回 欲しいものを言う表現

 ふたつの言語の間で似たつづりなのに意味の違う語同士を、フランス語ではfaux amis(にせの友だち)と呼びます。例えば、フランス語のlibrairie(書店)と英語のlibrary(図書館)がそうですね。

 この連載では、単語同士というより、日常的によく使う表現や文のかたちについて、英語とフランス語の「にせの友だち」を探そうと思います。英語を使うことに慣れた方がフランス語を勉強し、英語からの推測でフランス語を話してみたけれど、うまく通じなかったとか、反対に、ふだんフランス語を話す機会の多い方が旅先などで、フランス語から英語への置き換えでしのごうとしたら、ちょっと変な顔をされたとか、経験はありませんか?

 1 年間、カナダ西部英語圏(ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー)に滞在したけれど、英語は不得意のままの姫田が、バンクーバーの大学で英語教育・複数言語話者への教育を研究しているSteve Marshall 先生に聞きながら話を進めていきます。Steve さんは、第1 言語の英語のほかに、フランス語、日本語、スペイン語もレパートリーです。対話は日本語でご紹介しますが、実際にはふたりは主にフランス語で、時々日本語と英語で話しています。コーナーの終わりでは、カナダ英語圏のフランス語ランドスケープ(町で見つかる表示など)もご紹介します。

 初回は、次のような表現を比べます。

 

【今月の表現:「コーヒーをひとつください」】

[フランス語の表現]    →    [英語での似た表現]

Je voudrais un café, sʼil vous plaît.  → Iʼd like a coffee, please.

Un café, sʼil vous plaît.   → A coffee please.

Je pourrais avoir un café ?  → Could I have a coffee?

Je peux avoir un café( sʼil vous plaît) ?  → Can I have a coffee?

Donnez-moi un café, sʼil vous plaît.  → Please give me a coffee.

 

Mariko:カナダのバンクーバーはシアトルから近くて、スターバックス的なカフェがほぼ30 メートルおきにあるでしょ? その多さにまず驚いたんだけど、そういう所で例えばコーヒー1 杯注文する時、ほとんどの人が “Can I have a coffee?” って言うのにもちょっと驚いた。“Iʼd like a coffee.” じゃないのね。

Steve:“Can I have ~?” と同じくらい、私は “Could I have ~?” もよく使うよ。 “no-foam extra hot latte(泡立てないミルクの熱いラテ)” とか特別な希望を言うなら、かならず “Could I have ~?” を使う。丁寧になるからね。あと、レジの人が特別に感じよくて、こちらも感じよく思われたい時なんかも “Could I have ~?” ですね。

Mariko:“Can I have ~?” と “Could I have ~?” の違いは、« Je peux avoir ~ ? » と« Je pourrais avoir ~ ? » の違いと同じだから、その2 つの間の使い分けはよくわかるんだけど、フランス語なら、カフェで欲しいものを言う表現の中で一番よく使うのはたぶん « Je voudrais un café, sʼil vous plaît. » でしょ? でも “Iʼd like a coffee.” は、あまり聞かない。

Steve:“Iʼd like a ~.” も言わないことはないけど、レジで頼むようなカフェでは、たしかに“Can I have ~?” って言う人が一番多いね。

Mariko:フランスでも若い人は、レジで頼むようなカフェでも« Je peux avoir ~ ? »を使ってる気がするけど、相手がNon と言わないことが確実な場面だから、私は「もらえます?」より「欲しいです」って言いたい。付け足しのお願いをする時(たとえばun verre dʼeau とか)には使うけど、やっぱり« Je pourrais avoir ~ ? » にするか、せめてEst-ce que を付ける。« Est-ce que je peux avoir ~ ? » とか。

Steve:あ、フランス語では « Donnez-moi un café, sʼil vous plaît. » って言う人もいるよね? でも、 “Please give me ~.” は言わないよ。

Mariko:たしかに! 命令形の « Donnez-moi ~, sʼil vous plaît. » は、常連のおじさんが注文する時の感じで、やっぱりちょっとarrogant だけど、英語の “Please give me~.” に比べたら、使われてる。

Steve:英語では命令形は、頼む表現としてはとても失礼で避けるべきものだけど、フランス語は、tu とvous の使い分けがあるから、vous の命令形なら、英語の命令形ほどには乱暴に聞こえないのかも。

Mariko:“A coffee please.” と欲しいものだけの言い方は、使っていいの? フランス語は、« Je voudrais ~. » の次に、« Un café, sʼil vous plaît. » のかたちが多いと思うけど。

Steve:使われてるよ。ひょっとしたら “Can I have ~?” より多いかもしれないよ。“Hi there, what can I get you ?” – “Hi. A coffee please.” という流れは、とても自然じゃないかな。

Mariko:そうそう、カフェでも、スーパーのレジでも、あいさつが “How are you?”なの、慣れるまでどきどきした。フランスだったら、顔見知りのところでない限り、« Bonjour. » に対して « Bonjour. » でいいのに。

Steve:ケベックだと、店員が « Comment allez-vous ? » と言ってくる場合もあるけどね。元気かどうか、まじめに答えなくていいですよ(笑)。

Mariko:あと、注文する表現には、“Iʼll have ~.” もあるでしょ? フランス語の« Je vais prendre ~. » « Je prendrai ~. » に当たる表現だと思うけど、 “Iʼll take ~.” とは言わないの? prendre は、だいたいtake と同じ意味なのに。

Steve:take は “Iʼll take a coffee to go.” とか、持ち帰りの時なら使える気がする。

Mariko:へえ、それだけ?……あれ、初回は、faux amis とも言えない微妙なちがいの話になりましたけど、« Je vais prendre ~. » と« Je prendrai ~. »、どっちも“Iʼll have ~.” なの?とか、問題は山積みです。

Steve:次回もお楽しみに。

 

【まとめ:今月のfaux amis】

欲しいものを言う表現

フランス語でよく使うのは « Je voudrais ~, sʼil vous plaît. »

英語でよく使うのは “Can I have ~?” あるいは“Could I have ~?”

 

《カナダ英語圏 フランス語ランドスケープ》

 カナダの公用語は英語とフランス語ですが、州ごとにも公用語が定められています。ニューブランズウィック州では英仏とも公用語ですが、ケベック州の公用語はフランス語、その他の州の公用語は英語です。ブリティッシュ・コロンビア州は英語を公用語とする州ですが、全国展開の商品表示は二言語表記です。スターバックスのカップにもフランス語が書かれています。右はティムホートンのドーナツの袋。

 


◇初出=『ふらんす』2017年4月号

バックナンバー

著者略歴

  1. 姫田麻利子(ひめた・まりこ)

    大東文化大学教授。仏語教育・異文化間教育

  2. Steve MARSHALL(スティーブ・マーシャル)

    Simon Fraser University 教育学部准教授。著書 Advance in Academic Writing

ランキング

フランス関連情報

雑誌「ふらんす」最新号

ふらんす 2018年1月号

ふらんす 2018年1月号

詳しくはこちら 定期購読のご案内

webふらんすのおすすめ本

おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ

おしゃべりがはずむ フランスの魔法のフレーズ

詳しくはこちら
  1. jiji.com
閉じる