パリ発フレンチ・シネマ・アルバム『フレンチ・カフェ・ミュージック~パリ・シネマ・ミュゼット~』
2017年10月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


パリ発フレンチ・シネマ・アルバム
ドミニック・クラヴィクwithダニエル・コラン&クレール・エルジエール
『フレンチ・カフェ・ミュージック~パリ・シネマ・ミュゼット~ 』
11月1日発売、本体価格2500円
リスペクトレコード


『アタラント号』『男と女』『巴里の屋根の下』『唇によだれ』『突然炎のごとく』……
1930 年代から70 年代のパリを舞台としたフランス映画の傑作を厳選。
これらの作品を彩る名曲の数々を、名手ダニエル・コランのアコーディオンサウンドで楽しめます。

【ドミニック・クラヴィクからのメッセージ】


ドミニック・クラヴィク 
©Esther Berelowitsch

 “光の都(ヴィル・リュミエール)”のための、モノクロのスクリーン


麗しき文化の都パリには、最先端技術の超モダンな映画館が至るところにあります。
と同時に、ずっと詩的な名前を冠し、美しい外観を持った古くからの映画館もあります。
上映時間によっては、そうした映画館ではパリジャンだけでなく、郊外に住む人々、外国人、シネフィル、映画通あるいは単に好奇心から訪れた人などが、カルト的な映画や珍しい傑作名画を観ようと、列をなしているのを目にすることがあります。
このアルバムは、映画史を今日まで生きたものにしつづけている、そうした映画愛好家たちのためのものです。
ここにある旋律や歌は、美しきパリにおけるみなさんの夢想や散策のオリジナル・サウンド・トラックとなることでしょう。

ドミニック・クラヴィク(『パリ・シネマ』企画制作者)
------------------------------------------------------------------------------------------
Écrans noirs pour la Ville Lumière

Il y a à Paris, notre belle capitale culturelle, tout un réseau de salles de cinéma ultra-modernes au top de la technologie.
Il y a également d'autres salles plus anciennes avec de belles façades au nom plus poétique.
Selon l'horaire des séances on y voit se former des files d'attente de parisiens mais aussi de banlieusards et d'étrangers, des cinéphiles, des connaisseurs ou de simples curieux venus y découvrir des films cultes ou vintage plus rares…
Cet album est à l'intention de ces amoureux qui maintiennent vivante toute l'histoire du cinéma.
Ces airs et chansons seront pour eux comme la bande originale de leurs rêves et balades dans ce beau Paris…

Dominique Cravic
------------------------------------------------------------------------------------------

ドミニック・クラヴィクwithダニエル・コラン&クレール・エルジエール
『フレンチ・カフェ・ミュージック~パリ・シネマ・ミュゼット~ 』
11月1日発売、本体価格2500円
リスペクトレコード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加